幸せな高齢者を

増やしたい。

 

みなさまの人生のセカンドステージを、長く楽しく幸せな、キラメキのある人生が送れるよう応援します!

 


エンディングノートを白紙にしないための個別レッスン

~70歳からの終活!老後を豊かに安心して過ごしましょう!~

 

エンディングノートを作ることで、遺言書を作るための情報や思いの整理ができます。

しかし一人で完成させるのは、なかなか大変です。

 

そんな方のために個別レッスンをご用意しました。

 

迷ったり、分からないところは、一緒に思考の整理をしながら作成します。

また作るだけでなく、必要なところにおつなぎしながら進めます。

料金:チケット制3回分 ¥10,800(税込) ※1回1時間×3回(予約制)

・おおむね3回の面談で完成させます。

・出張可能(交通費・出張費別途) 詳細はお問合せください。

 

130件以上のエンディングノート作成のお手伝いをして経験豊富
社会福祉士 上田利枝
(キラメキ社会福祉士事務所 代表理事)

※経験豊かな社会福祉士監修の

 キラメキ特製エンディングノート(¥800)もご用意できます。
 すでにエンディングノートをお持ちの方はご持参ください。

注意:遺言書を作成するお手伝いをするものではありません。

(このエンディングノートを基に遺言書の内容をご検討いただけます)

お申込み・お問い合わせはこちらまでお願いします

TEL :087-880-5850 

平日9:00~17:00


 

 メニュー


概要・おもな事業・理事経歴

香川初の認知症予防プログラム「脳若トレーニング」の内容や受講できる教室、出張依頼など。

総合事業Aに特化し、介護予防を軸とした3時間のミニデイサービスを提供

おひとりでも安心して最後まで生活できるよう寄り添い”第2の家族”として支援。

介護や、ご家族など生活上のお悩み全般を社会福祉士に相談する


これまでの社会福祉士としての経験から、みなさまにお伝えできることを講演としてお届けします。

当法人からのお知らせや日々のブログを綴ります。

お気軽にお問い合わせください。

これまで取り上げていただいた内容をまとめました。

お気軽にお問い合わせください。


 

新着ブログ


処分前の貴重品確認

本日、明日と終活支援サービスご利用の方の松山のお宅に伺い、業者に頼む前に、お身内の方に立ち合いをお願いし、貴重品確認をさせていただきました。

こちらのお宅は、大正からのものが、沢山、大切に保管されていました。

脳トレの先生でもある私としては、回想法だ!と、ひとりで、大喜び(笑

それはさて置き、本日は夫もスタッフとして借り出していて、お身内の方と3人で、確認ついでに、不用品を汗だくでゴミ袋に入れながら作業をすすめたら、この通り…。

前回の引っ越しの方の時もそうでしたが、やはり、断捨離大切ですね。

分かってはいましたが、お金や貴金属が出て来ました。
お身内の方にご確認いただき、支援するこちらとしても気持ちが楽になりました。
ありがとうございました。

その他、大切にしていたお人形や、八十八箇所の宝印軸などは、お身内と相談のうえ、明日、お寺さんにお焚き上げをお願いすることにしました。

今日は、雨でしたので、比較的、涼しくて助かりました。

明日は、お墓じまいの予定です。

 

#キラメキ社会福祉士事務所 #終活支援サービス #おひとりさま #認知症予防専門士 #脳若 #脳トレ

祭祀終了

形ばかりですが、必要最低限の儀式もしてくださり、出棺。
わたしひとりなので、お気遣いいただき、職員さんもお付き合いくださいました。
ありがとうございました。

お骨も拾い、お見送り終了。

 

間で、他の被後見人さんが再入院のため、入院先の病院へ。

なので、喪服はやめて、動きやすく、それらしい感じにしました。

 

その他、今日は、法務局に銀行、年金事務所、最後に永代供養へ。

来てくださる気持ちになったらお電話をお願いしていましたが、やはり、お身内の方は来られませんでした。
残念ですが、致し方ありませんね。
家裁への報告に加えて、相続財産管理人の申し立てが必要になりそうです。

ですが、お寺さんが、なしのはずの法名を、ご好意でつけてくださいました。
実は実家がお世話になっているお寺さんです。
ご縁に感謝ですね。
ありがとうございます。

考えようによっては、なんとなく、バランスが取れているようにも思えてくるから不思議です。

 

バタバタで、くたびれました。

ボーっとしながら、ひと息、ついています。

お疲れさまでした。
ダイエットは明日から〜♫笑

 

#キラメキ社会福祉士事務所 #公益社市民葬Bプラン #正信寺

とうとう、この日が来てしまいました…

わたしが、初めて持たせていただいた被後見人さんが、本日の未明に安らかに、旅立たれました。

 

平成23年から約10年、後見人を務めてきましたが、今年はインフルエンザ対策から始まり、引き続きのコロナ対策の影響で、電話でのやり取りだけで、1/31から面会ができていませんでした。


仕方ないこととはいえ、寂しい限りです。

 

施設にご挨拶をして、正午に式場に入り、今は二人っきりです。

 

 


施設のみなさんには、本当に良くしていただきました。

 

わたしの認知症であっても、「誤魔化すようなことは言わず、誠実に一人の人間として、向き合う」という支援方針で、当初は、随分とご迷惑をおかけした部分もあったかと思いますが、カンファレンスなどを経て、それをご理解くださり、ご協力くださいました。

 

1番、関わってくださった生活支援員さんはお見送りの際に、少し涙しておられ、本当にお世話になり、感謝の気持ちで一杯です。

 

出発の際、職員のみなさんに、「正直、面倒なことばかり言う方でしたが、可愛らしいところもある方でした。そういう可愛らしいところがある人だったなと、たまに思い出してあげてくださると嬉しいです。お世話になり、ありがとうございました。」と御礼申し上げました。

 

廊下で暴れて、しまいには裸で寝転び、わたしの腕を掴んで離さず、施設の方と一緒に好きなココアに混ぜて飲ませた安定剤が効くのを
よしよししながら待ったこと、

 

本当によく食べる人だったな…とか、耳元で「こんにちは!わたしはだーれ?」と聞くのが、最近の面会時のお約束でしたが、「うっ、うえださん」と、絞り出して答えてくれていたこと…、

 

色々と懐かしく思い出されます。

 

ご家族とは、疎遠な状態ですが、なんとかひとりだけ連絡が取れるお身内の方に留守電を入れ、連絡を待っているところです。

 

 

明日の納棺の際に、大切にしていた亡きご家族の写真、入れ歯、大好きなココアと甘納豆、チョコレートを一緒に納めてあげようと思います。

 

 

お申込み・お問い合わせはこちらまでお願いします

TEL :087-880-5850 

平日9:00~17:00